« 6月4日 | トップページ | 6月6日 生産的連帯 »

6月5日 幸せ

職員室で、授業について、『学び合い』について話ができる幸せを感じた一日。

とある授業提供のため、校内の先生方が「主体的・対話的な」授業づくりに取り組んでいる。中には、西川先生の著書を参考に、『学び合い』の考え方で進めている方もいる。

自分が属する研究部会ではないけれども、先生方が
「すぐ人に聞けばいいと思ってしまわないか」
「子どもたちに上下関係が出来やしないか…」
と話していたので、ついつい口をはさんでしまう自分。

社会(的?)構成主義やらZPDやら、授業(認知?)に対する前提が異なるかもしれないとか、「みんなが」が大事であるとか。

若い先生も含めて、ラーニング・ピラミッドの話も出て来たりなんかして、まさか勤務校の職員室で、そんな話ができるなんて!

授業のやり方・流れは何でもいい。子どもたち一人一人が、誰一人としてお客様にならずに、学びや気づき、そして充実感を得られる授業を創っていける、職員集団でありたいよなぁ…。

少なくとも、今日の話から、職員もそれを願っているんだよなぁと分かって、なんか嬉しかった。

|

« 6月4日 | トップページ | 6月6日 生産的連帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/70776285

この記事へのトラックバック一覧です: 6月5日 幸せ:

« 6月4日 | トップページ | 6月6日 生産的連帯 »