« 6月12日 断つ! | トップページ | 6月14日 一緒にやる »

6月13日 説明する

火曜日は漢字練習がある。

かつては、【書けるようになる】といったシンプルな言葉で子どもたちに語っていたが、送り仮名をつける訓読みの定着が今ひとつだった、などの課題が残り、ここ数年は次の言葉にしている。

【漢字練習】
漢字テストで8割以上取れるとともに、意味や筆順、使い方(熟語など)を理解して、学習した字を使いこなせるようになる

子どもたちには、この言葉になったのには、色々な理由があるんだよ…と伝えてはいる。

この日の授業では、構と講の意味の違いについて問いかけ、最近見かける同訓異字や同音意義語を知らせつつ、語りを行った。

構と講のくだりでは、既習の「漢字の成り立ち」の話もすることで、学び直しも促した。

漢字練習は、ひたすら手を動かす時間ではない。
なるほど!
へぇ〜…
などの言葉も聞こえてきてほしいのだ。

少しは担任の思い・願いは伝わっただろうか…。

|

« 6月12日 断つ! | トップページ | 6月14日 一緒にやる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/70856744

この記事へのトラックバック一覧です: 6月13日 説明する:

« 6月12日 断つ! | トップページ | 6月14日 一緒にやる »