« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

5月24日 ヒドゥン・カリキュラム

「しゃべりません」
「だまりなさい」
などの指示をしても、何も聞かなかったかのように、口を開いて話す子どもたち。

決して、大変な学年ではない。田舎の純朴な子どもたちなんだな、これが。

穿った見方をするならば、これまでの経験から、指示は聞かなくても・守らなくてもいい、と学んできているのかもしれない。(あるいは、私が認められていないか…)

もし、「学び」の成果だとするならば、指示をしたら、その結果を評価しなければならないんじゃないか…?それをせずに、次の指示や活動に移ってしまったら、その「学び」を強化することにならないか…

逡巡したあげく、叱るという評価法を選択した。本当なら、再活動の方を選びたかったが、時間の猶予がなかった。

放課後には、学級経営案の報告会があり、上記のような話をした。

会が終わってから、6学年の先生が、この話について共感の意を伝えてくれた。マズイと思っていたけど、流してきていると感じたということだった。

本県では、授業がよくなる3観点として、
・ねらい
・めりはり
・見とどけ
を大事にしようとしている。「見とどけ」もないがしろにしてはいけない、最近は、その想いを強く抱くばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月23日 教科書を学ぶ子ども

教科書で教える
とか
教科書を教える
とか、
どちらも大事だと思うんだけど、どちらの主語も「教師」なんだよな。主体的なナンチャラって言うのだから、主語が「子ども(児童・生徒)」にならなきゃ。

算数の時間。二人の児童から質問を受けた。どちらも、教科書に記載されているものについて。

厚くなったんだけど、
「〜は・・・だから、ーである」
ってアッサリ書かれているもんだから、ついつい
「うんうん、そうそう。」
と、サラーっと流れそうなんだけど、質問者の二人は、簡単に流れなかった。それが大事なんだよなぁ〜って感心した。

これって、
教科書を学ぶ
とか
教科書で学ぶ
ってコトになってないかな…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月22日

運動会まで一週間を切り、いよいよ眼前に迫ってきた感がある。

組体操の練習に関わる、時間感覚は研ぎ澄まされてる様子は感じられる一方で、日常生活面での感覚は…。

イベント的なまま終わるか、学びや気づきを得て、成長・向上へとつなげられるかが問われる週でもあるんだろうなぁ。

長男の誕生日でもあった、この日。早いもので14年。
3日後に誕生日を控えた長女のぶんもあわせて、そろって夕飯をとれるよう、早めに退庁した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月21日

朝6時半すぎに出発し、陸上大会に出る次男を連れて、学校へ。今日は頼んであった稲の苗を取りに行く日だ。

まず田んぼを見ると、水が無くなってるではないか。かなり水路を狭くして、水門も下げたからだろう。慌てて開いて、水を貯める。

とともに、支度を整えて、苗を取りに。

いかんせん、軽トラではなくハスラーなので、ピストン輸送でハウスと田んぼを行ったり来たり。

終わるや否や、陸上競技場へ。
それが済むや否や、サッカーの試合会場へ。もはや、次男のお抱え運転手…

今週末は、いよいよ運動会。
怒涛のように週が始まり、怒涛のように終わるのだろうな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月20日 その2

教育会総会の日ではありつつも、妻が勤務する幼稚園の遠足があり、長男の送り迎えをせねばならず、総会は欠席。

ということで、10時半には松本へ連れて行き、車内で仕事。

…しかし、しかし、今日は眠いのなんの。ウツラウツラしつつ、プリント見つつ、また寝て起きて、社会のノート見て…という効率の悪さ。

社会のノートは、まとめることはできるようになったから、そのレベルを上げさせたいなぁ…と感じる。はて、どんな次のステップにしよう。

事務キチ行って、ラーメン屋で長男と飯食って帰宅。

帰宅後すぐにテレビを見つつ横になり、また、ウツラウツラ…。
まぁ、よく寝た日になった。

夜はナイターソフト。
負けたけど、終わった後の飲み会が楽しいよなぁ。仕事関係無しの居心地良い空間・時間、サイコーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月20日

5月20日
本日の仕事場なり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月19日 ジャーナルその2

専科の授業で、ちょっとした問題があった。問題は「ちょっとした」ことなんだけど、簡単な手続きや指導だけで、次に進んではいけないと思った。

ジャーナルのテーマに、「どうしましょう?」との投げかけに対する各自の答え、と題して、めいめい書いてきてもらった。

もう諦めた
遠ざける
注意する

という様々な考えのなかに、「諦める」「遠ざける」のはイヤだ、というジャーナルも見られた。

たまにだけどイイ時もあるんだ…

という言葉に、温かみを感じた。そして、様々なジャーナルを紹介するなかで、もちろん、その温かいモノも披露した。

ようやく、クラスがクラスとして動き始めるきっかけを作れたのかもしれない。

これまではただの担任の自己満足経営だったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月18日 ジャーナル

長野県だけかもしれないが、子どもたちが毎日「連絡帳」を書く。翌日の時間割や持ち物を記入するのだ。

今年の子どもたちが使用している連絡帳は、A4サイズより一回り小さいモノだ。時間割などを上部に、下部には「今日の記録」を書けるようになっている。

今年はそこを使って、ジャーナルに取り組もうと、今週から始めている。

本格的なジャーナルは初めてだが、イイ!かなり、イイ!

運動会のめあて
運動会後にどんなクラスになっていたいか
フリー

と言ったテーマで書き続けている。そして、この日のテーマは…ヒミツ。(笑)

クラスで気になる子たちが、気になるコトをやらかしているため、「どうしようか…?」と、みんなに投げかけている。それに関わって書いてもらおう、というのがヒミツのテーマだ。

週末は、普通の日記を「ロングジャーナル」とでも題して書いてもらおっかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月17日

「あの子」は、他の子どもたちが気にもしないことを不安に思ってるんだよな。

それを、運動会練習で、改めて実感した一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月16日 水利権

今年の田んぼ学習に関して、そろそろ水を入れなきゃなぁ…、と思いつつモタモタしてたら、月半ば。あわてて、地主さんに連絡した。

というのも、地主さんに水量の調整をしていただかないとならぬと思ったからだ。

電話してみると、あっさり水門の開け閉めを学校職員がやっていいらしい!

諸事情で、水田周辺の開発を今年はやっていないからだろなぁ。かつては、水の争いで大変だっただろに。

ということで、毎日水の調整をやらなくてはいけないことになった。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月15日 特別時間割スタート

長野県だけだろうか、運動会前に、特別時間割というものがある。朝の集会は全校運動になり、体育が毎日2〜3時間入るようになる。

勤務校もこの日から突入し、てきめんに子どもたちの疲労感が見てとれるようになる。

ここを気張らず、でも、踏ん張れるようにしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月14日

6時半に家を出て、望月へ。前日の5時といい、毎日早くからドライバー業に勤しんだ。

この日は自宅から距離のある所であり、公式戦のため観戦したかったのもあり、送った後そのまま残って待っていた。

そんな時に、車中泊マットと後部ドア付近の棚が大活躍。足を伸ばして寝られるし、棚をデスクがわりに仕事もできる。

この日は後者。

やらねばならなかったP調査の採点・類型の分別が一気に片付いた。国語の教材研究のノートも記録できた。

このような過ごし方の良し悪しは別として、有効な時間の使い方が出来て、自己満足な一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月13日

朝5時に家を出て長男を練習会場まで送り、いったん帰宅してから、学校へ向かった。PTA作業の日だ。

あいにくの雨も雨、土砂降りに近い。学校メールも回り、室内での作業という。念のため作業着やら着替えを持っていく。

着くや否や、校地内の土砂入れをするハメに…
土砂降りのなかの土砂入れ・・・、上手くも面白くもない。単に大変な仕事だっただけだ。

根回しって、やっぱ大事だな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月12日

町から予算配当されている学力調査の日。子どもたちは大変だったろうが、我慢してもらうしかあるまい。

このような調査に限らず、単元テストでも言うのだけれど、
「聞かれていることは何か理解して、相手がわかるように答えなさい。」
との指示は、我ながら大事な言葉だと思う。

子どもたちが問題文をちゃんと読まずに答える
記号で答えなさいって書いてあるのに…
などなど、職員室で話題になることがあるが、その時の注意(ちゃんと読みなさい、など)って、対処療法でしかないことが多いと思う。

しかしながら、テストも一つのコミュニケーションと考えると、問われていることに適切にこたえるのは、コミュニケーション能力の基本中の基本だよね、と子どもたちに話した方がイイと思うのだ。

そうは言っても、調査の結果も気になる(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月11日 生産的連帯・消費的連帯

昨日からの続きになるけど、ギブ&テイクとか、ギブ&ギブって、生産的連帯だと思うようになっている。我ながら懐かしい言葉を思い出したなぁと感じるのだけど、なんだか最近は消費的連帯の子どもたちを見るコトが多いなぁと感じるのだ。

休み時間という悦楽のために友と過ごす子。
友に手を貸そうと行動する子。


前者の方が多くなってきてないか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月10日 ギブ&ギブ

今週から学級通信の名前を決めて発行し始めた。それが、標記の言葉。

朝、登校してからスグ、あるいは、休み時間開始後スグなどに、元気よく教室を出て遊びに行く子たち。

小学生らしくてイイけど、提出物は出したのかぃ?児童会の当番活動はないのかぃ?自分の得(目先の得)になることだけしか、見えてないんじゃないかぃ?

自分がやれることを少しでも行うことが、結果的に自分の利益にもなるんだけどなぁ…。今はそんなこと考えもしないよね、でも、大事なことだと思うよ。

そんなことを全てひっくるめて、通信名とした次第。

そんな想いで過ごしていると、かつて知った言葉を思い出すから、不思議なものだ。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月9日 主任会

今年は初めて学年主任になっている。学年2クラスなので、2人で相談しながら進めさせてもらっている。

初めての教務・学年主任会があった。これまでも代理で出ることはあったが、なんかドキドキするという変な感覚。

内容は当然口外できないが、多岐に渡る、未知の校務がまだまだあったんだなぁと実感。

知らない所で諸先生方に支えてもらっていたんだよな…。これからは少しでも支える側になれれば、そう感じた90分間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月8日 リスタート!

連休明けの月曜日、ハレとケの話から始めた。日常があるから、特別な時間や非日常空間が楽しいのだ。

2時間目の冒頭を使って、仕切り直していきたいことを話す。

朝の登校から帰りの会に至る様々な段階で、〜したい、〜はどうする?といった、担任の想いや提案を出した。

極力、前学年までの上に積み上げていきたいけれど、これは・・・、というものを一ヶ月間かけてメモしておき、連休明けにまとめて出したのだ。もちろん、A4片面に文書化もした。

話したからいいね?
ではなく、これから折に触れて説明を尽くしていく責任もうまれたということだ。子どもたちからの質問にも、丁寧にこたえる義務がある。

さぁ、ようやく本格的な今年度のクラス経営の始まりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月7日 仕切り直し前夜

早起きソフトがあり、4時起床。
ソフトをやって、湖畔に戻ってしばしウォーキング。その後、入浴施設へ行って、帰宅したら即洗濯及びパソコン仕事。

干してから、次男のサッカー試合会場へ。試合を待つスキマ時間に車内で昼寝。この、昼寝タイムが連休中かなり役立った。

サッカーを見た後、勤務校へ。
いよいよ明日からまたリスタートを切るんだなぁ…、と一人しみじみ。

それにしても、沢山のタスクをやっつけた感が残る、今年のゴールデンウィークだった。

今回も含めて、大型連休や夏休みの数日前には手帳に付箋紙を貼り,気づいたらすぐにメモを取るようにしている。

すると、長期休みに入った後は、そのメモを見て、一気にできるというわけ。

今年も、この手帳AND付箋紙が大いに役に立った。もっとも、日頃から仕事を片付けていれば、わざわざ書き出す必要もないのだろうが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月6日

朝5時に家を出て、長男を送る。この連休、我ながらよく動き回っていると思う。

早起きしたからには時間を使わなくてはということで、勤務校へ。

前日にやっつけておいた仕事も運べたし、新たな雑務もこなせたし、学級通信も作れた。

県の学力調査問題の印刷だとか、保健簿への番号などの記入は、学校でしか出来ない。こうした諸々も積もると結構な時間を要するものだ。

連休最終日も内容を精選し、時間は有効に使い、連休明けの週を快適に過ごせるようにしたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月5日

前夜23時半に次男たちを迎えに行ったが、小学生のサッカーチームで、解散予定が23時頃って、おかしくないだろうか…?マズイと思うんだがなぁ。

その煽りをくらい、今朝の6時出発(長男)という苦役はさすがに不快感マックス。まさに「子ども」の日というところか。

午後も早々にサッカーは終わり、父の所へ行って、ようやくタイヤを履き替えた。今頃?と思われるかもしれないが、勤務校はつい先週まで最低気温が0度になりかけてた。ここ数年は大型連休に履き替えというパターンだ。

すぐに帰宅して、ヨコになったら、すぐに寝オチ。細切れではあったが、わりと長く休めた気がした。

夕方からはパソコン仕事。
昨日までパソコンは触ってなかったから、どんどん進めた感じ。学年会要項素案、家庭学習のおたより、漢字テスト残り全部、そして学級通信の冒頭部分をやっつけた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月4日 田んぼ学習スタート

長男との二人暮らし最終日。毎度のごとく、サッカーの送迎から開始。
思いのほか早く終わったので、洗濯・昼食を済ませた後、一路、勤務校へ。

五年担任ということは、田んぼ学習が付いてくるということ。

学校によって異なるんだろうが、本校は学年職員がアレコレやることが多い。昨日はそのうちの二つ、草刈りと施肥。

これから毎月やらなければならない草刈りが始まったなぁと思いつつ作業していると、声をかけられた。クラスの保護者とおじいさんだった。

今年の田んぼのご協力をいただく方々だ。田んぼの様子を見たら、早めに田おこしをしなきゃ…と連休早々に来てくださったらしい。

色々とお話しつつ、施肥を済ませ、トラクターで田んぼをおこしてもらう。ありがたいことだ。

帰宅は6時半。
その時間から外出して、長男と「最後の晩餐」(笑)。食べるのも彼のトレーニングなので、まぁかなり食わせた。あわせて、父も食い過ぎた。せっかく体重が落ち着いてきたのに。

また節制しなくては…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月3日 連休初日

前夜から長男との二人暮らし。次男のサッカーチームの関係でのコトなので、仕方ない。

…ということで、この日は朝から洗濯&ノート添削を済ませて、長男のサッカーへ。

なんやかんや済ませて帰宅したのは夜20時ごろ。ノート添削しなければ、なんにもやれなかった一日になってた。

スキマ時間を活用するって大事だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月2日 クラブ活動とは

今年度のクラブ活動の希望調査をとらなければならなかった。

例年、社会体育でやっているスポーツのクラブは避けて、やり慣れていないものを選択しなさいよ、と「指導」する必要性が職員室で叫ばれるのだが、果たしてそうなのか?と思っている。

クラスの子たちには、次のように話した。

そのクラブを通して、折り合いをつけたり、協力したりする、人との関わり方を学ぶのが、クラブ活動の目的。それは、児童会活動と似てるでしょ?

だから、いつも習っていて得意なことを生かして、誰かに教えることを通して、日頃の授業でも教えられるようになりたい…とか、

まるっきり未経験のクラブを選んで、一からやっていくことを通して、知らないことばかりだから、周りと協力することを体験したい…とか、

目的意識をもって選択して欲しいんだよねぇ。

そうすれば、
〜くんが積極的に教えてくれて助かったとか、〜さんがすすんで動いたよーとか、そんな声も聞こえてくるんじゃないかと思うんだけど…。

逆の反応が多いから、サッカーを習っている子はサッカークラブは遠慮して、などの先生たちの声が多いんじゃないかな…

そんな話をしたうえで、
「どのクラブで、いろんな人と関わる体験をしたい?」
と選択するよう指示した。

まだ集計していないが、どんなかんじになっているだろう…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月1日

出勤するやいなや、かなり年下の同僚から、総合的な学習の時間について質問を受けた。

いい加減な実践しかしてきていないけれども、ここ最近は特別な何かというよりも、教科学習の延長・発展として行えないかと考えている。その辺りを中心にして質問に答えたつもり。

後輩は、担任しているクラスで、「総合でどんなコトをやりたいか」とアンケートを取り、始めていくとのこと。
自分もかつて同じ方法をとったことを思い出す。

今なら、社会科や国語で興味を持ったけれども時間がなくて追究しきれなかった事柄を、総合の時間を使って継続追究するという「持って行き方」になるかもしれないなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ