« 130626_PAと『学び合い』と | トップページ | 130630_範読しながら »

130630_トラブル&ダメージ

先週心に残った言葉

トラブルがダメージにならない
(こちらのブログから)

そうそう!と膝を打った。
去年、今年と教職員組合の仕事をやらせてもらっている。6月なんかは年休をいただいて1~3時間学校を留守にすることがあった。それ以外に毎年センター研修は2~3こ受講しているから、年間トータルすると学校を空けることが多々ある。

毎回自習計画を立てるけれども、あまり音楽や理科といった専科を多くして、とか、テストを計画的に配置して、とかの工夫をしない。国語なら国語、算数なら算数の通常授業を子どもたちが進めることになる。

当然騒がしくなることもあった。

しかしながら、そんな経験を繰り返してきて、「担任がいなくても授業できる子どもたち」というように見ていただけるクラスの子たちである。

これはやはり、
「子どもたちにトラブルは起きるけど、彼ら自身がそれを成長のエネルギーにしてきた」
のではないかと思われる。

専科の授業でお任せしたり、テストや自習プリントを準備してとにかく静かにさせておいたりすればトラブルは起きないかもしれない。けれど、それって「事なかれ主義」なんじゃないかと思ってきた。

何かと忙しいことが多い組合の仕事だけど、このおかげで子どもたちが成長させてもらっているのかもしれない。

|

« 130626_PAと『学び合い』と | トップページ | 130630_範読しながら »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/52242117

この記事へのトラックバック一覧です: 130630_トラブル&ダメージ:

« 130626_PAと『学び合い』と | トップページ | 130630_範読しながら »