« 2011年6月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年7月

110720_夏休みのような3連休 その2

さて、連休の2日目。
まずは早起きソフト。今回は第2試合だったので、のんびり5時40分に家を出た。
終わりがてら湖畔へ行って15㎞ラン。
帰宅後、軽く昼寝。
頼まれていたDVD作成。その後すぐ、勤務校の校庭へ。前日に出来なかったサッカーをやってきた。しかも子どもたち3人連れて。

実は頼んでいた妻の電動自転車が届いたのだ。それに娘を乗っけて、息子達は自分達の自転車で校庭へ。
帰宅後、夕飯、風呂、就寝とトントン拍子に進む。


     ◆


連休最終日。
前日の早寝が利いて、3時30分起床。よし、仕事が出来ると思っていたら長男が4時過ぎに起床。
「お父さん、なでしこの決勝戦やってる?」
ハハハ、観戦することに。

勝利の余韻も冷めやらぬ中、湖畔一周自転車の旅に家族全員で出かけた。
Rimg0472

Rimg0480

10時30分頃に帰宅したから、4時間弱の長旅になった。


軽く寝てから妻方の祖父母宅にある畑仕事へ。
ゴールデンウィークに植えたじゃがいもの収穫が主な仕事。これはこれで一苦労。
早めに終わったので、近くで開いていたクラフト市へ。思いがけず掘り出し物が・・・。行ってみるものだな。

外食で夕飯を済ませ、風呂にも入って(子どもたち3人連れて)、帰路へ。子どもたちはすぐに眠ってしまったから、20時には夢の世界に行っていたことになる。

親は親で心地よい疲れを感じた3連休だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110719_夏休みのような3連休

昨日までの3連休に入る前は、
「終わりの2日間はのんびり通知票をつけるか・・・」
と構えていた。

・・・とんでもない3日間になった。

     ◆

初日。
Mくんと朝ガスト。不定期に行っている朝ガスト。今回は12㎞離れた会場まで自転車で行ってみた。まずはこれだけで連休の目標達成!

建築中の自宅の打ち合わせで現場へ。
簡単に昼食をとって松本へお買い物。
息子達と勤務校の校庭でサッカー。・・・のつもりが夕立のため断念。代わりに夕食後、温泉施設へ。

長男は水泳の練習。次男は水遊び。どちらも一生懸命だった。そのまま風呂にも入って、息子達は帰宅途中に夢の世界へ。

写真は愛車“ORDINA”
Rimg0478


| | コメント (0) | トラックバック (0)

110706_人とふれ合う

昨日の朝読書はボランティアの方による読み聞かせだった。すっかり見落としていて、失礼ながらしばらくお待たせしてしまった。

『蜘蛛の糸』(芥川龍之介)を読んでくださった。お世辞にも上手な読み聞かせとは思わなかったが、年輩のボランティアの方が、今の6年生に『蜘蛛の糸』を読むことには、何か想いがあるのではないかと感じながらうかがった。

     ◆

読後、ただでさえ時間はなかったが是非とも聞きたいと思って、子どもたちの面前で質問した。
「○○さんの何か想いがあるように感じたのですが、お聞かせ願えますか」
自分の予想を遙かに超えるものだった。

     ◆

○○さんはおそらく60歳半ばあるいはもう少しご高齢と思われる。その方が父親から本を読むように言われて、小学校5年生のときから読書記録をつけているという。その記録の最初が『蜘蛛の糸』だったのである。その一番初めの本を子どもたちに読み聞かせたかったというのだ。

また、この読書記録は数十冊にも及ぶものらしい。さらにさらに、○○さんの母親がそれを全て保存しておいてくれたということにビックリ。ぜひとも今度、実物を見せていただけたらうれしい。

もちろん、『蜘蛛の糸』を読み聞かせることで、自分一人だけが助かろうという人間になってはダメだよ、と6年生にメッセージを送ってくれた。

     ◆

たかが読み聞かせ、されど読み聞かせ。
本の内容を読み取るだけではいけない。子どもたちには物語の行間を読むように、ボランティアの方々の想いも読み取ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110705_メタ認知

水泳学習の時季である。学年指導の中心は同僚にお願いし、自分はサポート。とは言っても子どもたちの動きは気になるもの。あぁだこぅだと言うこともある。

今週は天候がどうなるのか見通しが持てないので、急きょ手元にあったケータイで子どもたちの泳ぎを動画撮影した。(もちろん事前に子どもたちに伝えたうえで。しかも男子を中心に。そうしないと何かと問題も起こる。)

計画的に学校のビデオカメラをプールサイドに持っていけばいいという話なのだが、ばたばたした毎日で忘れてしまう。今日あたりは忘れずに持っていこう。そして、雨で水泳ができないときに、教室で見ることで子どもたちにメタ認知を促したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110704_新しい生活パターンだった

土曜日に地域の陸上大会が終わり、ひとまず体育行事の引率が終了した。残すは秋のマラソン大会か。5月中頃から約2ヶ月続いた生活もこれで終わりを告げるだろう。


今年任せていただいた仕事に、校外体育行事の指導・引率がある。郡レベルの大会を皮切りに相撲大会、県大会、地域の大会と続き、その合間に運動会のリレー練習が入った。この間、出勤時間を通常より30~40分早めて対応するようになった。そうしたら自然と長男の起床時間も早まり、ラジオ体操にまで参加するようになった。

自分としてはブログの更新がほとんどできず、脳みその暖機運転を行えなかったことが痛かったが、新しい生活パターンを体験することができて生活の幅が広がったように思う。それに、今まで同じ仕事をしていた同僚がいたこと、仕事を振り分けること、振り分けた仕事に協力してくれる同僚がいることに気づいたり、学んだりした。


大会引率が終わったからといって生活が落ち着くことがなく、まだまだやることは山積しているが、今日からまた一週間が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年12月 »