« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

110427_自立と強化学習

ここ数週間、頭の中を駆けめぐっている「強化学習」。おそらく自分が理想としている教育の成果につながるのではないか、そう考えているのだ。

では、自分が理想としている教育の成果って何だ?
自問自答した。

「自立」だ。
自立した1人の人間を育てることが理想なのだ。「育てる」というのはおこがましい。子どもたちがそれぞれ自立した大人に育つのが自分の理想である。

そのために「教師あり学習」ではやはりだめだ。「強化学習」の考え方をもっていたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110426_なんのために

とかく「なんのために」を考えることがある。

なんのために家庭訪問をするのか?
なんのために学校では清掃指導があるのか?
なんのために手帳をつけているのか?
なんのために我が家の息子に習い事を許しているのか?
なんのために・・・

客観的に見たら、自分のような存在って煙たがられるのかも、そんなことまで考えた。でも、気になるのだから仕方がない。問題意識を抱いてしまうのだから仕方がない。要は、こんな堅苦しいことを考えつつも、職場や家庭で浮いてしまわないような関係づくりが大事なのだろう。

あとは、職場の男性陣で最年少だから好き勝手言えるというのもあるのだろうな。こう考えると、同僚職員のみなさんに感謝、感謝である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110425_よく食べよく遊べ

昨日の日曜日はほぼ終日外にいたので、ずいぶんと顔が日に焼けた。これからどんどん黒くなるんだろうな。

まずは早起きソフトが中止になったために1人湖畔へ出かけてランニング。ついつい一周してしまった。
帰宅後30分も経たないうちに、今度は長男のサッカークラブのサポート当番。コーチに誘われるがまま、子どもたちと一緒に身体を動かす。後半の試合形式のときには思わず全力で走ってしまった。この時点で万歩計は6800歩。もちろん、朝の湖畔一周(16㎞)はここに含まれていない。

サッカーから帰宅して間もなく、松本山雅の開幕戦へ。けっこうな人がいた。そうすると時間ぎりぎりで出かけた我が家にとって駐車場が遠くなる。ひたすら歩いてアルウィンへ。歩く、歩く、歩く。
試合は逆転負けという最悪のシナリオを描く。トボトボと来た道を引き返す。この時点で12000歩。

最後は温泉施設へ行って身体を癒したが、まぁよく動いた一日だった。息子達も同様だろう。それによく食べた。GWを前になんとも充実した一日だ。連休もこんな日々になるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110424_眠眠眠

先週に引き続き、眠れて眠れて仕方がない。

金曜日の夜は息子達といっしょに21時30分就寝。それからぐっすり眠って土曜朝6時30分起床。あ~ぁよく寝たと思っていたら、朝食後に2時間昼寝(もはや昼寝ではないが)。夜は夜でまたも子どもたちと21時に床につく。

今朝は早起きソフトがある関係もあって4時起床。それでも7時間は寝ていることになる。

今週は木曜の朝に16㎞走ったからかも、と思い当たる節は数え切れないほどあるのだが、それでもこれだけ毎週たっぷり眠れるのは自分でも驚き。体調が悪いせいではないよな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110423_1年生とお花見

昨日は1年生と近くの公園までお花見に出かけてきた。昨年は当時の3年生と行った場所だ。
はじめは緊張気味だった双方の学年の子どもたちだったが、すぐに打ち解けておしゃべりに興じるようになった。そんな姿を見ているこちらまで思わず笑みがこぼれてきた。

帰り際、途中で
「あ~もう少しで学校に着いちゃうよ。楽しかったなぁ。」
という声が聞こえてきた。かなり野太い声だった。

こんなことをつぶやく6年生を持たせていただいて幸せだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

110422_朝からマラソン

昨日の朝は3時に目が覚めてしまった。それなのに家庭訪問期間中ということもあって、取り立てて準備することもなかったため、思い切って湖の周りを走ることにした。どうせならネタになるような朝のマラソンにしようと思って、湖周の16㎞を走破した。

出勤。

さすがに足が重たくなり、給食後には眠気も・・・。まぁ無理もないかと思いつつ、スーツに着替えると気分一新。家庭訪問最終日も気持ちよく各家庭におじゃますることができた。


これから朝マラソンが度々行われることになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110422_教師あり学習と強化学習

『STUDY HACKS!』(小山龍介、東洋経済新報社)を再読した。すぐに試したくなるハックがいろいろあるが、自分が今回気になって仕方がなかったのが「教師あり学習」と「強化学習」のくだり。(前掲書170~173ページ)

最近、この2つの内容についてネットサーフィンを始めたが、まとまり始めたらその時点での考えをメモしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110421_花見

昨日は17時50分に学校を後にして帰宅。夜桜見物へと繰り出した。
急きょ母も誘って、ちびっ娘も含めて6名で色々な場所へ行った。「色々な場所へ」行くつもりはなかった、元々は。あまりの寒さに一カ所にとどまることはやめて、ドライブがてら湖を一周して、近場にある桜の名所を巡ることにしたのだ。

これがよかった。
各地の咲き方が違ったのもよかったし、照明があるのとないのとでは見え方が全く異なっていた。

最後に訪れた高台の名所は、人がほとんどおらず、それでいて適度にライトアップもされていてよかった。パシャパシャと撮っていたら売店のおじさんがやってきてシャッターを切ってくれた。そして、話が弾み、鮒の洗いやら漬け物やら、松本一本ねぎまでご馳走になってしまった。

Rimg0166


Rimg0170


| | コメント (0) | トラックバック (0)

110420_教科書が変わった

算数も国語もずいぶんと変わった。社会も同じだ。学習指導要領の変更点がかなり反映されている。(当たり前のことだが)

こんなことは当たり前と言えば当たり前なのだが、教科書が変わったからといって何も考えずに教科書の内容を教える場合と、教科書の変わった意味を理解したうえで教科書の内容を教える場合とでは、子どもたちへの影響は違うもになるだろう。傍目には同じように見えるかもしれないが、ヒドゥン・カリキュラムがあるはずだ。いや、あるに違いない。

これまでも指導要領を参考に算数の単元展開を構成してきたけれども、国語や社会、それに総合なども改めて要領や指導書を参考にして授業をつくる良い機会だ。もちろん、継続できることをやるしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110419_学級閉鎖

と言っても、自分の受け持つクラスのことではない。長男のクラスが今日から今週いっぱい閉鎖になったのだ。原因はインフルエンザ。おそらくB型のウイルスではないか。

昨日、給食を食べてしばらくしてから職員室へ行くと、職員のひとりが慌てた様子で教頭と話していた。まぁ、彼女こそ紛れもない長男の担任なのだが。

朝から欠席連絡が多くて忙しそうだったのだが、まさか学級閉鎖とは・・・。しかしながらどうやら珍しいことではないようで、県内いたるところで学級閉鎖やら学年閉鎖やら起きているらしい。毎年この時季にはB型インフルに罹る子がチラホラいるのだが、今年はチラホラどころかあちらこちらにいるということだ。

大変なのは急きょ我が子が休まざるを得なくなった親御さんだろう。そして、長男の担任も大変である。なにせ家庭訪問期間中なのだから。今週いかれなかった御家庭には後日伺うのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110418_ひとりハーフマラソン大会

昨日4月17日(日)は、長野マラソンが行われる日だった。この度の震災により中止が決定し、ナンバーカードと参加記念Tシャツが送られてきたのが先週水曜日。そこで、昨日は記念Tシャツを着て、ひとりでハーフマラソン大会を開こうと意を決して、いつもの湖畔へ。

本当のことを言えば、初めからハーフを走ろうとは思っていなかった。とりあえずトレーニングしようと思ったくらいだ。けれども走っているうちに長野マラソンのことを思い出し、ようしハーフいってやれ!みたいな感覚になってしまった。これもひとつのランナーズハイだろうか。

結局1時間58分ほどで21㎞強を走破。金曜日・土曜日、そしてこの日と合わせて40㎞走った割にはなかなかのペースだと自画自賛。身体はバリバリ音が聞こえてきそうな状態だが、なんとかなるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110417_春眠暁を覚えず

眠れて眠れて仕方がない。
昨夜眠りについたのは恐らく19時50分頃。19時20分頃布団に入って本を読み、時間を確認したのが19時45分。そこから後の記憶がない。

そして、目覚めたのは今朝3時。
二度寝して再び目を覚ましたのが7時。11時間も寝ていたことになる。

果たしてこの睡魔は今後おさまるのか?心配だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110416_2週間を終えて

新学期も2週間を終えた。
昨日は年度が変わって始めて20時前に帰宅することができた。校内の仕事もさることながら、組合の評議員会やらサッカーのお迎えやらなんやかんやで退庁・帰宅が遅くなっていたのだ。

昨日からは家庭訪問も始まった。ひとまず4月いっぱいは慌ただしい日々になるだろう。忙殺されることなく、忙しさの中にあっても仕事を追いかける気持ちだけはなくさないようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110415_真理

学校で僕らが学ぶもっとも重要なことは、「もっとっも重要なことは学校では学べない」という真理である。

『走ることについて語るときに僕の語ること』(村上春樹、文藝春秋)67ページから引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110414_『カレーライス』

国語『カレーライス』(重松清、光村図書6年)の学習でのこと。
目標は【「カレーライス」の果たしている役割は何か、全員が自分の考えを理由もあわせて説明することができる】であった。

開始後しばらくして聞こえてきた会話。

「カレーライスじゃなかったら仲直りしてないよね。」
「無理っしょ」

なるほど、深いところを考えているのね。そう思わせる内容だった。
彼ら・彼女らのノートを見るのが待ち遠しい。昨日は英語研修会があったため見ることができなかった。今朝は早く出勤しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110413_いすとりゲーム

昨日の昼休みのこと。
いつものように日記に目を通していると、男女数人がいすとりゲームをやり始めた。しかも、音楽はちゃんとMDラジカセから流している。

「♪~~~~!」
「>*0*<キャアアッ」

男子が女子の尻にはじき飛ばされ、ふらついている。
「強えぇ・・・」
「キャハハハ」

なんともほほえましい光景。これがウチの6年生の実態。

     ◆

給食当番の仕事を終えたZ児が教室に戻ってきた。するとX児が、
「Zくんもやろうよ」
とすかさず誘った。Zはなかなか仲間に加わろうとしなかったので、Xは続けて、
「やらなきゃダメだよ」
と微笑みながら強い口調で誘った。

これってなかなか大事なことではないかと思って、すぐに手帳にメモをした。よく遊びの中で子供は育つと言うけれども、まさにこういうやりとりを経ることで付き合い方を学んでいくのだと思う。もちろん、誘われたからと言って「はい」と必ず仲間に入りなさいと指導するつもりはない。自分たちが楽しいと思えることをやっているときに、他の誰かも一緒にやろうよと声をかけられる、そんな人を自分も育てていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110412_最小単位は学年

勤務校では毎年アマゴを育てて、この時季に放流している。今日はその放流の日だった。

帰校後に片付けをしたのだが、水槽だけでも8こあり、難儀な作業であった。それでもさすがは最上級生、手際よくしかも丁寧に行ってくれた。その際、自分たちのクラスの物だけでなく、他学級および他学年の物も一斉に片付けてしまうように指示してあった。もちろん、片付ける前に各学級の担任の先生に確認をしたうえで。(そうしないと、片付けまでを1つの教育活動と考えている先生とそのクラスの子どもから、大事な機会を奪ってしまうことになる)

自分の学年は隣のクラスも一緒に片付けを行った。もう一つのクラスは行うことができなかった。

さて、片付けも終盤にさしかかり、あたりをもう一度見回してみると壁に貼り紙が。実は、放流に参加できなかった校長先生が児童に向けて残してくれたメッセージだった。片付けをしていてこれを見たとき、「メッセージに対して子どもたちが返事を書いて出したら、さぞかし喜んでいただけるだろうな」と考えた。

ひとまず画鋲を抜いて教室へ持って行く途中、ふと思考を巡らす。ウチのクラスの子にこれを書かせていいものか、と。

確かに校長先生に喜んでいただける。子どもたちもそれを聞いて誇らしげに思うだろう。しかし、それを味わうのは我がクラスのみ。片付けをやって、他のクラスから感謝の言葉をもらって、そのうえ校長先生にまで。いや、それはまずい。「6年3組」が感謝されるのではなく、「6年生ありがとう」と言ってもらえるようにしなくては。

壁からはずした校長先生のメッセージは、片付けを行うことができなかったクラスに持って行った。


やはり正解だった。

放課後、出先から帰校した校長先生がメッセージへの返信を見て、そのクラスの担任にお礼していた。「明日にでもクラスへ行って直接礼を言いたい」とまで言っていたほどだ。それを見て、あのときウチのクラスで書かなくて良かった、と思えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110411_新たな一週間を前に

土曜日に高校時代の友人たちと一献。6月に結婚する友人の二次会について。新婦となる方も交えて5人で酒を酌み交わす。4時間ちょっと飲んでいただろうか。もう気分はヨイヨイ ヘ(^^ヘ)

帰宅してテレビの前で眠りに落ちる。気がついたら布団を掛けてもらっていた。こんなんだから頭が上がらない。

     ◆

「今日はオレがゴーカイジャーを見る番だ。」
「先週もおまえが見たい番組を見ただろ。」
という兄弟げんかの声を目覚まし代わりに6時30分ごろ起床。これはこれで幸せな日曜日。ひとまず一喝して一日が始まった。

9時に長男をサッカーの練習に送り届け、帰宅して仕事をしてから読書。
11時30分頃再びサッカー会場へ向かって、終了時間まで車中で読書。
長男と帰宅してすぐ昼食。間もなく町立図書館へ。
13時から16時30分まで図書館で仕事、仕事、仕事。
算数や社会の単元計画の見通しを立てた。特に社会はまだ単元展開まで至っていないが、指導要領の解説をじっくり読み込むことができてよかった。正しい読解になっているかどうか怪しいが。

帰宅して今度はジョギング。一週間ぶりのトレーニングだ、足が軽い。はやる気持ちを抑えて10㎞にとどめておく。それでもタイムを意識してしまう。結局、心地よい疲労感の残るどころか、しっかりとした疲労感が残った。

そして三度帰宅して夕食、ニュース視聴(統一地方選のため10分間のみ)、長男と入浴、一緒に就寝となる。
なかなか充実した内容。なんといっても家族を顧みない自分勝手な過ごし方。

これだから頭が上がらない。

さぁ、せめて今週は平日の帰宅を早めるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110410_護美

とある先生の真似をして、給食でオレンジやいよかんが出た日はそれらの皮で「華」を作って返却している。普通に返却すればただのゴミ。されども華にすれば護美になる。「とある先生」のHPはこちら

さてさて、昨年度末からこのような護美をつくりだしてきて、栄養教諭からも好評をいただいているが、何も変化しないのはイヤだなぁということで、金曜日に作成したのはこちら↓

F1000226


「先生、今日もやる?」
と聞かれたら、
「やっちゃう?」
と言うしかないでしょう。今回は少しでも立体感が出てくるといいなと思ってやってみた。

なんだかんだで自分がいちばん喜んでいるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110410_リフレッシュ!

昨日は予定もなくお出かけ。

まずは町立図書館へ。
意外にもDVDやCDがそろっていて驚いた。バカボンドもあった。楽しみが増えた。

次に松本市へ。
ノートや文房具を物色したあとは街をぶらぶら。
松本城近辺もお散歩。城の庭園は入らなかったけれども、お堀の周りもきれいだった。梅は満開、桜も咲き始め、見上げると真っ青な空。そして傍らには賑やかすぎる子どもたち。なんとも贅沢なひとときを過ごした。

あまり自分は出かけて気分を変えるということはしないけれども、年度初めの慌ただしい一週間を終えた身体と心に新鮮な空気を取り込めた外出となった。

F1000229


| | コメント (0) | トラックバック (0)

110409_最初の一週間を終える

時計の針は7時45分を指していた。今朝の目覚めである。
23年度の最初の一週間を無事に終えることができた。その安堵感と疲労感からぐっすり寝入ってしまっていた。

昨日は国語2時間、社会、算数、理科(これは専科の先生による授業)、そして耳鼻科検診と年度途中の一日と変わらない過ごし方だった。それから放課後は会合、そして組合評議員会への出席。帰宅は20時ちょっと前。夕飯を食べて上半身はワイシャツのまま21時を待たずに布団へ。そして今朝を迎える・・・。

この一週間、提出させる資料等がありすぎて、きちんとして単元計画を作成せずに授業をしてしまった。幸い、社会は興味関心が主な評価項目の内容だったため、身に付けさせること・考えさえることが多くないものだった。この連休は社会をはじめとして、国語・算数の単元計画をしっかり立てておかなくてはならない。

来週が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110408_凡事徹底の具体4点

学級開きから2日目の昨日、目標の骨子である「凡事徹底」について具体的に指導したのは以下の4つである。

1 机の整頓
2 机の引き出しを机上に出して下校する
    (机の中の整理整頓)
3 靴をそろえる
4 時間を守る

これらを「みんなが」徹底するとなると簡単ではない。簡単なことなのに簡単に達成させられないのである。子どもたちの力を信じ、任せてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110407_国語・社会・算数

さっそく授業開始。

国語は最初の詩を音読するところから。
おどろおどろしい様子で読んだり、おもしろくってしょうがない様子を表現したりして雰囲気が変わったところで、授業開きの最終目標、「しっかり声を出す」音読をした。「声は力」である。

社会はオリエンテーション。簡単だと思える目標を設定した。【6年生で学習する社会の内容を全員が説明することができる】である。簡単に言えば、「日本の歴史」「日本の政治」「世界の中の日本」という目次の見出しだけで済む。子どもたちはネットワーク図のようなまとめ方や文章で書き表していて、昨年の続きだなぁと思わせる内容だった。そして、肝心な「みんな」も達成。今年もこの「みんな」が大事であることを伝えたくてオリエンテーションの課題を設定したのだ。それを語ったところで授業終了。

そして、算数。
こちらはいきなり全開モード。教科書○~□ページをみんなが解けるようにする、というごくごくシンプルな目標。予習の宿題をきちんとやってくる子が多く、これぞ新学期最初の魔術。どれだけ1年間を通して継続していけるか、が課題。まぁ、これはNHKの講座をやろうとする大人と一緒。子どもにだけ難しいことを要求するのも酷だ。自分もがんばらなくては。

さて、算数の子どもたちの様子はというと、さっそくホワイトボードを使って線対称の図形を色々見つけたり、トレーシングペーパーに形を書き写して、ぴったり重なるか試してみたりと様々だ。男女関係なく学んでいる子も多い。まずまずの内容だったか。

さぁ、今日はどんな姿が見られるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110406_学級開き&授業開始

昨日の始業式・入学式の片付けが残ってはいるが、今日からさっそく学級開きと授業開始である。

学級開きで語りたいことは山々あれど、シンプルにシンプルに考えたい。今朝は交通指導当番だから、そこで子どもたちが通らないときにじっくり詰めよう。その語りのうえで、約束事の徹底をしていこうと思う。

そして、今日は授業も始める。

実は勤務校は今年度から1単位時限が40分になる。昨年度までは45分だったから、1割以上も短くなるということである。授業回数をとにかく重ねなくてはならない。そして、これまで以上に、中身の濃い時間にしなくてはならない。ということで、今日から国語・社会・算数を始める。

教材研究が春休み明けはどうしても追いつかないが、ここでもやはり目標をシンプルに考えて、子どもたちと共に授業を創り上げていこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110405_担当学年

教員人生2度目の小学校6年担任。
ありがたき幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110405_学級目標骨子

我が家にとっては長男が2年生として初登校の日。そして、私にとっては○年生担任として初めて子どもたちに会う日でもある。まだ学年は公表できないけれど。

子どもたちと相談しながら学級目標の文言は決めたいと思うが、骨子は私が設定した。
 切磋琢磨
 忘己利他
 凡事徹底
の3つの四字熟語がそれである。
いかんせん、このままを学級目標にしてはわかりづらい。だからこそ、子どもたちがつぶやけるような文言にしたいのだ。ただし、くどいようだが、この骨子の内容の実現が大事。

さあ、やるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110404_コツコツと

春休みのような長期休業には、頭の中が休みモードになっているせいか娯楽読書が多くなる。最近読んだのは、
ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎、新潮社)
動機(横山秀夫、文藝春秋)
の2冊。

前者は町の図書館で、後者はずっと前に古本屋の100円コーナーでそれぞれ見つけてきた。どちらも2日かからず読み終えた。(それだけ仕事をしていなかった)

たしか両方とも映像化されているんじゃなかったっけ?でも、これは活字でこそ読んでおきたいものだと感じる。「あれっ?この表現って前にも出てこなかったっけ?」とページを捲り戻すことが多々あったのだ。こんな至福の時間も昨日で終わり。今日は入学式前最後の勤務日。明日からは子どもたちと新しい日常を紡ぎ始める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110403_たまった疲れ

昨日、4月2日は7時30分起床。8時から建築中の物件へ。その後、学校へ立ち寄ってアマゴの世話をしてから10時30分帰宅。それから、なんと11時から16時30分まで熟睡。

目覚めて、しばらくして夕飯をとって、風呂。そして20時30分就寝。

今日、4月3日は6時30分起床。


知らず知らずのうちに疲れていたのかな。新年度出発に向けて無意識のうちに緊張していたのかな。いずれにしても、家族に迷惑をかけつつも、ゆっくりしたことで疲れをとることができた。

さぁ、明日から本格的な業務開始だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110401_元旦

学校現場に携わる者として、今日はめでたい日であり、かつ、メチャクチャ忙しい日でもある。ましてや今年はあの大きな地震・津波に見舞われた方々が大勢いる中での今日である。甲子園球児の言葉ではないが、生かされていることに喜びと感謝の念を抱きつつ、職務を全うしたい。


さて、今日は担当学年・学級が正式に発表される。大きな期待感と小さな不安感があるが、1年後の目指す姿を明確にイメージできるような、そのための一日にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »