« 110311_毎年思うこと | トップページ | 110312_がんばろう! »

110312_涙

被災された皆様にお見舞い申し上げます。
無礼を承知の上で、地震発生時のことを記録に残しておきたい。


「先生、地震じゃない?」
「えっ?・・・急いで机の下にもぐって!!」


揺れがおさまっても余震が続き、校舎が揺れているのか、体が揺れているのかよくわからない状態が続いた。そして、しばらくしてから教室のテレビをつけた。

目を疑った。

まるで川が氾濫したかのように、濁流が自家用車をのみこみ、みるみるうちに高架橋すれすれまで水面が上昇していく。
「先生、これ生中継?」
子どもたちが聞くのも無理はない。まるで映画のワンシーンを見ているかのようだった。

帰りの会で話したことだが、テレビを見続けるのには躊躇した。手で顔を覆いたくなるような惨状がそこには映し出されていた。子どもたちからも「消そうよ」という声が漏れた。しかしながら、ここから目を背けていたら津波の、地震の、自然災害の恐ろしさを子どもたちに伝えられないのではないか、そう思った自分もいたのである。

結果として、そんなに長時間もつけっぱなしにはできなかったが・・・。

今はとにかく一名でも多くの方が救助されることを祈ります。

|

« 110311_毎年思うこと | トップページ | 110312_がんばろう! »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/39195600

この記事へのトラックバック一覧です: 110312_涙:

« 110311_毎年思うこと | トップページ | 110312_がんばろう! »