« 110215_「人の噂も七十五日」 | トップページ | 110217_移行期 »

110216_お互い様

昨日の朝は「えらかった」。何がえらかったって、あの白くて水分を含むと重くなる、あれ。

一昨日の夜のウチに教材研究を済ませ、昨朝は雪かきに専念できる態勢を整えておいた。結局寝坊をして、5時40分過ぎに学校へ到着。そこから猛然と脛まである雪と戦い始めた。

戦うこと1時間30分。ようやく「これぐらいでいいかな」と思える状態になった。やればやるだけキリがないのだ。仕方がない。それに自宅周りは同僚にお任せ状態になっていた。

     ◆

夜、ローンの関係で銀行へ。担当の方の目が充血していて、なんだか調子が悪いのかななんて思っていた。自分は自分で、一日の疲れでへとへとになっており、眠くて眠くて仕方がなかった。

予定していた内容を済ませ、雑談をしていると、銀行員の方も5時半に起きて自宅周辺を雪かきして、早めに出勤し、ATMが開く前に銀行周辺の雪がなくなるように格闘したことがわかった。どうりでお疲れの様子なのだ。

「早く出勤するほど損ですよね」

とおっしゃっていたが、損であることを承知で早く出勤する人が担当でよかった。もう、今後お任せでいい。

     ◆

寒冷地に生まれ育ち、そこに暮らす人々にとって、雪はやっかいなものだ。でも、仕方がないことなのだ。

雪かきは誰かがやらなければいけないし、やっていただいて育ってきた。自分がやれるときはやればいい。

お互い様なのだ。

|

« 110215_「人の噂も七十五日」 | トップページ | 110217_移行期 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/38890916

この記事へのトラックバック一覧です: 110216_お互い様:

« 110215_「人の噂も七十五日」 | トップページ | 110217_移行期 »