« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

101231_大晦日

12月に入ってぼちぼちと開くようになったくらいで、今年はこのブログを全然更新せずにいた。あまりにもふつうの日常生活だったということかもしれないし、これはこれで幸せなことだったのかもしれない。


来年はペースを上げて、ありふれた日常を綴っていけるといい。


こんなブログをご覧になる皆様、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

101228_TO DOリスト

1 記入・記録・入力

○出欠簿
○時数計算
○スキー教室データ
○会計3学期の見通し


2 提出物・レポート

○人権教育記録
○10年研レポート
○教育会レポート
○卒業文集


3 環境整備

○教室後ろの棚 計測
○   〃     板購入
○職員室机上にScanSnap
○ノートPCにdocomoインストール


4 授業準備

○漢字練習教材
○算数「体積」単元展開
○社会「情報」単元展開
○家庭科単元展開(略案)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

101226_長男次男とサッカー

昨日、サンタさんから長男にはゴールキーパーのグローブが、次男にはお兄ちゃんと同じ4号球のサッカーボールが贈られた。もらったら使いたくなるもの。昨日はあいにくの雪模様だったため、今日、寒風吹きすさぶなか付き合うことになった。


     ◆


まずは次男。
4歳児に4号球とはかなり大きいものだなと思いつつ、それなりにうまく操っていた。さすがは次男。兄の足さばきをよく見ているものだ。


年賀状印刷の様子を見つつ一端家の中の戻ってから長男と。


こちらは午前中もサッカーを思い切り練習してきただけにやはりうまい。こちらも熱がこもってくる。せっかくやるのだから、どうせならうまく蹴れるようになりたい。そんな向上心のようなものが頭をもたげてきた。・・・結局45分も練習をした。そう、自分にとっても練習だった。


     ◆


「ねえお母さん。キーグロ見て。こんなに黒くなった。」
と母親にグローブを見せる長男。今日は少し子どもが喜ぶ日曜日にできたかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

101225_とにかく動く

先週、地域のコミュニティーセンターの団体登録を済ませた。これでいつでも気軽に研修室を予約して利用することができる。仕事用の個室として、あるいは、気軽に集って互いの授業について話をする場として、はたまた、学び合いのちょっとした集会の会場として、・・・用途は広がる。


     ◆


学校で子どもたちに作文を課した。学校文集の原稿だ。
「とにかく書いて、書いて、書いて、それから考えるんだ」
何を書こうか、どのように書こうかと考える子が多い。ただ、書くことは考えることである。鉛筆を持って書くことがそのまま考えることになるのだ。今、こうしてブログを更新していることも考えていることではある。


書いたものを基にして考えればいいのだ。そのためには、まずは書かなければ始まらない。


     ◆


実はこれは自分に向けての言葉だったのではないか。


頭の中で考えているだけでは始まらない。まずは行動を起こさなくては。行動を起こしてから考えなければならないことは山のように出てくる。そこで再び考え、すぐに行動を起こせばいい。


凡人が立ち止まっていては何も始まらないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

101223_毎年のことですが

この時季になると通知票も配り終わって、年の瀬を前にのんびりできるかと思いきや、なかなか仕事が終わらない。まぁ自分の見通しの甘さと言えば、それきりなのだが・・・。


ひとまずやれること。


手帳でスケジュールおよびTODO管理。
朝型生活


この2つ。
ぼちぼちやっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »