« 100505_旧交 | トップページ | 100507_素直 »

100506_再スタート

大型連休明けの今日、わがクラスは再スタートを切った。一時間目は学級の時間。その名も“劇的 ビフォーアフター”。子どもたちからは「先生、訴えられるよ」とツッコまれた。でも、劇的に変化させるくらいの気持ちでこの5月のスタートを切りたかった想いがあった。


仕組み的な変化は給食当番のシステム変更のみ。あとは担任の「軸」を語った。


「みんな」を大事にしていくこと
挨拶・返事・整理整頓の3つの躾を大事にしていくこと


前者は学校生活全体を通しての軸。後者は人としての軸である。どちらも同じであると思うが、実は後者も相手意識が重要になってくると最近は感じている。いずれも他者あってのものなのだ。ただ形だけ挨拶して、返事して、物を捨てて整えておけばいいというのではいけない。相手に自分の思いを伝えるために挨拶をするのであり、相手の話を聞きました、メッセージを受け取りましたというサインのための返事であり、そして、使う人・見る人が気持ちよくなれるようにするための整理整頓なのである。


そんな話を子どもたちに投げかけた。


新しい出発であるが、大事なのは担任がしつこいほど子どもたちに語り続けることだ。まだ始まったばかりでしかない。

|

« 100505_旧交 | トップページ | 100507_素直 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/34559379

この記事へのトラックバック一覧です: 100506_再スタート:

« 100505_旧交 | トップページ | 100507_素直 »