« 100120_物欲 | トップページ | 100122_共働き夫婦 »

100121_主体性

一昨日だったか、長男がテレビを見ていて、お目当ての番組が終わり、さぁテレビを切ろうかというときにまごまごしていて次の番組の時間になった。そしたら長男が一言。
「あっ、次のが始まっちゃった。」


これって、すごく子どもらしく、素直なつぶやきだと思った。


そのときの長男にとって、テレビは「見る」ものではなくて「流れる」あるいは「惹きつける」ものだったのだと思う。だから、

“長男がテレビを見る”
ではなく、
“テレビが長男を惹きつける”

という感覚になっていたのだろう。


これはまさにテレビの魔力。テレビは意識していないと流れてくるのだ。自分が「見る」ものにならなければ、いくらでも時間は過ぎていく。そこには主体性がないといけないだろう。


テレビに限らず、子育てにおいては子どもたちに主体性を持たせることってやっぱり大事だ。

|

« 100120_物欲 | トップページ | 100122_共働き夫婦 »

子育て・家庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/33059924

この記事へのトラックバック一覧です: 100121_主体性:

« 100120_物欲 | トップページ | 100122_共働き夫婦 »