« 090624 あと6クラスかな? | トップページ | 09読書043 学ぶ意欲の心理学 »

090625 とにかく帰ってしまう

昨日は18時に退勤してきた。17時に職員会が終わって、それから机上整理をしたり、今週末の「出張」と思っていたことが実は出張扱いにならなかったりで、結局18時になってしまった。


今週は火曜の夜がPTAの会合で21時まで学校、今夜が学級保護者会の方と懇談で終わりの時間が見えず、と何かと夜残ることがある。


娘が生まれてから、生活の軸足が完全に家庭となっているが、それはそれでいいことだと思っている。「とにかく帰ってしまう」ことも大事なのだ。もちろん、最低限のやるべきことはやっておく必要があるが、帰宅して家族と夕飯をともにとり、一日の生活であったことを語らい、くだらないことをやって戯れたり、本を読んだりすると気持ちが落ち着く。(時に子どもを叱る必要があって、心がささくれ立つこともあるが)そうすると、今夜は寝かしつけた後に一仕事がんばろう、とか、今夜は子どもと一緒に寝ちゃって、明日の朝に○○をやろう、などといったモチベーションが上がってくる。


     ◆


あんまり早く帰り続けると、職場の同僚とのコミュニケーションが足りなくなるような気がするし、職場によっては好んで(?)21時とか22時まで人が残っているところがあるから、それはそれで職場が楽しい、というか居心地のよいものになっているのだと思う。


でも、独身であればいざ知らず、家庭のある身で「学校の職員室の居心地がいいから、帰宅が20時や21時」なんてことにはなりたくないものである。

|

« 090624 あと6クラスかな? | トップページ | 09読書043 学ぶ意欲の心理学 »

仕事術」カテゴリの記事

子育て・家庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/30266516

この記事へのトラックバック一覧です: 090625 とにかく帰ってしまう:

« 090624 あと6クラスかな? | トップページ | 09読書043 学ぶ意欲の心理学 »