« 090611 申し込み完了! | トップページ | 090613 年休ばかり »

090611 「交流する」とは?

昨日、校内研が行われた。秋の教育課程本番を控えて特別活動の授業。自分は授業者ではない。


その授業研究会の最後の最後。校長から指導主事へのお礼の言葉の中で、校長からも一言あった。その内容がスッキリまとまって、かつ、とてもわかりやすかった。


==========================
本時は1年生との交流会のことを考える時間であった。
「交流する」と一口で言っても、そこには段階がある。

①何をすればいいかわからない
②相手と同じ行動をとろうとする
③相手の望む行動をとろうとする
④相手の良さを認めることができるようになる
==========================



これを「交流会」で考えても非常にわかりやすいが、「学級内の人間関係」に置き換えてみてもいいのではないかと考えた。


『学び合い』において、相手が何を望んでいるのか慮って、あるいは尋ねて、その望みに応えてあげようとすることはわりと出来る。そこで留まるのではなく、一緒に活動することで相手の良さを見つけ、認めることができたらどんなにいいだろう。あるいは、相手に何かをしたつもりでいて、逆に何かをしてもらっていると思えたら(例えば、教えたつもりが「教わった」と思えたら)、どんなに素晴らしいだろう。


さっそく、今日子どもたちに伝えよう。

|

« 090611 申し込み完了! | トップページ | 090613 年休ばかり »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/30043416

この記事へのトラックバック一覧です: 090611 「交流する」とは?:

« 090611 申し込み完了! | トップページ | 090613 年休ばかり »