« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

090531 えくぼ

本日、妻と娘が退院してくる。自分は組合があるので家にいられないのが不満だが、仕方がない。



そんな娘にえくぼができるらしい。早く見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090531 県定期大会

これまた過去のことになるが、23日は長野市で県青年部定期大会が行われた。自分がひょんなことから組合に携わって早5年目である。本当に「ひょんな」ことがきっかけだった。まさかこんなに組合のことをやる羽目になるとは・・・。イヤイヤ、たくさんの先生方と知り合いになれたのだから、感謝の方が多い。


さて、今年は県役員として迎えた県定期大会。結構ハードだった。


自分は参加しなかったが、前日は本来13時から準備を始める。学校は年休をいただいて組合に行くのである。なんか変な感じがするが・・・。


そして夜は夜で、ほぼ徹夜で修正案に対する見解を練って、資料をつくって、と時間がいくらあっても足りない感じであった。「ほぼ徹夜」ではなくて「完徹」だったなぁ。


ただ、大会当日は参加者の絶大なる協力のおかげで事なきを得た。本当にありがたいことである。規定では本県の組合青年部は満31歳になる年まで、であるので自分は今年が最後。この最後の年に大きな活動に参加することができて光栄だった。ただ、青年部層の拡大に向けて年齢引き上げを考えているので、「返り咲き」もかなり高い確率で現実のものになりそう。ハハハ・・・。


あと、今回の大きなイベントを乗り越えたことで、常任メンバーとの一体感をこれまで以上に感じた。それがイチバンの収穫である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

090531 長男誕生日に言ったこと

22日が長男の誕生日だった。


実はこの日、
  PTA校外指導部の部会(19:00~)
  ナイターソフト試合(19:00~)
  県青年部定期大会準備(13:00~)
と3つの予定が重なっていた。ただ、大事な息子の誕生日であること、身重の妻がいることを理由に、それぞれにお願いをしてお休みをいただいたり、遅刻で了解していただいたりしていた。


夜の誕生日パーティを終えて、定期大会準備のため長野市へ向かわなければならない21時頃、長男にあらためてお祝いの言葉を伝えるとともに、この日を迎えられた理由を伝えた。


大事な大事な誕生日であるとともに、産んでくれたお母さんに感謝する日であること。また、今年はいろいろが重なっていただけに、それぞれのところでお父さんの代わりに働いたり活躍してくれたり人が大勢いること。そして、その大勢の方々のおかげでお父さんがお祝いをしてあげられること・・・。


今年は今までよりも特別、感謝の多い誕生日となったことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090531 ふぅ~っ!

久しぶりの更新。ようやくのんびりとネットにつないだ、という感じだ。


googleリーダーを開くと、未読ページが200件超。とてもじゃないが全部をじっくりとは読めないので、気になるものにはスターをつけて、あとはざっくりと・・・。約1週間のツケを反省するばかり。


メールも同じく。ただ、青年部の県定期大会を先週土曜日に終えたため、重要なメールというのは一つもなかった。よかった、よかった。


今日は今日で、青年部常任委員会が終日あるし、奥さんと娘は退院してくるしで、結局日曜日とはいえ、慌ただしさで考えたら平日と変わらない。なんとかしのいでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090526 今日からが肝心

昨日の流れ

16時45分 病院から帰宅
17時30分 義母・義姉地元へ帰る
       夕飯の支度を始める
18時00分 夕飯
18時30分 入浴
19時25分 母が到着
       病院へ
19時45分 妻と娘に再会
20時00分 病院を後に
20時25分 学校へ立ち寄る
20時45分 帰宅
21時15分 母と次男を残して就寝



・・・、とまぁ、こんな感じだった。


今日から子どもたちも保育園に。自分も学校に。「普通の」生活に戻る。この「普通に」過ごすというのが難しい。それだけ様々な面でお母さんに、妻に頼ってきたのだ。


助かっているのは、今回は母が来てくれていることだ。


なんとか1週間乗り切るぞぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090525 娘誕生!

今朝6時30分。無事に第3子が誕生した。3345グラム、47㎝、初めての娘である。


早くもバカ親になりそうな予感がする。


なにはともあれ、母子ともに無事であることに感謝。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

病院到着

現在、1時10分。県立病院の陣痛室。立ち会うべく、病院に来ることができた。


陣痛は5分間隔ぐらいとのこと。日の出を待つか待たずか、といったところか。

今日産まれるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院駐車場にて

現在、5月24日日曜日、23時30分。県立病院駐車場から送信。


妻を病院に送り、息子二人は後部座席で熟睡。


しばらく駐車場で待機し、いったん帰宅する予定。


地元から義母・義姉が来てくれる段取り。0時30分頃か。1時間半もかかるというのに・・・。感謝。


二人が到着しだい息子たちをお願いして、立ち会う。


母体と生まれくる生命の無事を祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090522 6歳

今日(と言っても日付が変わったばかりだが)は長男の誕生日。6歳になった。つい先ほど、妻と誕生日カード(?)を作り終えた。次男の絵まで入っているので、年々華々しくなっているように感じる。いつの間にか恒例プレゼントになっていることがうれしい。


今夜は誕生日パーティなのだが、明日が組合県青年部の定期大会なので、本当ならば昼間から長野入りしなくてはならない。無理を言って、深夜からの前日準備としてある。こんなメデタイ日まで父ちゃんの忙しさに振り回されてかわいそうだが、許してくれ。君が夢の世界に向かうまでは枕元にいてあげたいと思っているからな。


“生まれてきてくれて、元気にそだってくれてありがとう”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090521 ご縁に感謝

昨日、帰宅してしばらくしてからだったが、自分宛の厚みのある郵便物に気づいた。差出人は横浜の(勝手に)懇意にさせていただいている方からだった。


もう、感謝の言葉しかない。


いそいで年始にいただいた年賀状を探して、そこに書かれていた電話番号にお礼の連絡を入れた。時間も21時に差し迫ったころであり、なんとも不躾なものである。


それなのに快く対応してくださり、またもや感謝である。


ほんの少しの縁を相手方の好意のおかげでちょっぴり太くしていただき、今の自分を支える力を与えてもらっている。この縁の力を、今度は自分が誰かに送っていけるといい。それが「恩送り」だろう。もちろん「恩返し」もしなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090518 しんけん旅行

本日、帰宅してのこと。


長男の保育園の先生が今日から一週間お休みすることは聞いていたので、いろいろと話を聞いてみた。すると、
「うん。○○先生ねえ、“しんけん”旅行に行ったって」
とのこと。


「真剣」だろうか「親権」だろうか、まぁ「新婚」しかないだろうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090515 親子遠足(次男と)

5月15日(金) 保育園の親子遠足だった。
前週は長男(年長)の親子遠足、今週は次男(年少)の親子遠足である。いやぁ楽しかった。


お母さん子の次男なので行く前は心配だった。案の定、家を出るときはお母さんとの別れの儀式をして、車の中から見えなくなるまで涙ながらに「おかあさ~~~~ん」と叫んでいた。


そうしたら、


保育園に着いたらスッキリ。遠足も楽しめた。


     ◆


ちなみに、この日は16:00から保育園の家庭訪問、夜はナイターソフトの開幕戦と忙しい一日でもあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09読書031 教育改革の幻想

『教育改革の幻想』(苅谷剛彦、ちくま新書)を読んだ。


「こども中心主義」の“失敗例”と言っていいのだろうか、アメリカのカリフォルニア州のことが取り上げられている。さすがにまずいだろうというのが自分の感想。


読んでいて気になったのが、この本に書かれていることと『学び合い』とが関連づけて捉えられてしまったら批判的に思われる可能性が高いということだ。『学び合い』は「こども中心主義」ではない。あくまでも「教師主導」なのである。それはこれまでの実践上確信がある。


本に書かれているようなカリフォルニアの例を読むことができたのは、自分にとって非常によいタイミングで、よい情報だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090513 生まれそう

妻のお腹が明らかに張ってきている。体重も3000グラムを超えているようである。


予定日は27日だが、来週には生まれそうな気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090509 『学び合い』セミナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090508 親子遠足

5月8日(金)
年休をいただき、保育園の親子遠足に行った。妻は身重で臨月。さすがに行かせるわけにいかなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090507 下駄箱

連休明けの昨日、7日はもう一回の“スタート”である。
子どもたちの教室に入ってくるときの挨拶は声が出ているか、表情は暗くないか、一つ一つの支度は滞りなく行われているか・・・、いろいろなことが気になった。


気になったことで、全体に話をしたのは下駄箱の様子である。4時間目の道徳の前に時間をとって、昇降口に出向いて話をした。


     ◆


学校や学級の様子は下駄箱の様子を見れば分かると思う。その点で言えば、昨日の下駄箱の様子は「乱れていた」。もちろん、靴がそろえられているところもあったが、それには気づいていないのだろうか、とも思った。


もう一度、ひとつひとつのこと、細かいことから見ていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09読書030 キッパリ!

夕飯の食後、ちょっとゴロンとしたくなって寝室の本棚にあった一冊を手に取った。それが『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』(上大岡トメ、幻冬舎)である。


3年ほど前に売れたのは知っている。けれども中を見たのは初めてだった。当時勤務していた学校で、ある同僚同士の会話にこの本が出てきていた。
「あの本は立ち読みで済ますものだ」
とは読書家の元同僚の一言。


今回、初めて手にとって、はじめと終わりを読み、目次を眺めてから30分くらいでざっと読んでしまった。大事だなぁと思うことはあれど、時間をかけて読むものでもないなというのが感想。これからはちょっと気分を変えたいときに手に取ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090506 かしわ餅

先ほど、「かしわ餅パーティ」(勝手に命名)を開いた。内容はいたってシンプル。家族がつくったかしわ餅をみんなで食べるというだけのもの。いやぁ楽しかった。パーティ開催前には記念撮影までしてしまった。


自分はというと、遊びほうけたしっぺ返しとして食卓で仕事をしながら家族の様子を眺めていた。これはこれで休みの過ごし方としては理想的だ。


     ◆


昨日の車中でも長男と話したことなのだが、柏の葉は10枚。かしわ餅はいくつ作れるか、という問いに10個と答えた長男。ここまでは理解できるが、続けて妻が長男に問題を出した。


妻 「一人何個食べられるでしょうか?」
長男「2個」
妻 「一個も余らない?」
長男「2個余るよ」


我々夫婦の予想を遙かに超える長男の反応。彼曰く、
「頭の中でかしわ餅を作ってねぇ、ちょっとずつちぎっていくと2個余るんだよ」
とのこと。まぁ「ちぎる」とか語彙が貧しいところはあるけれども、彼なりの理解の仕方だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090505 こどもの日

連休も残すところ2日。こどもの日の5日はずっと子どもたちと一緒に過ごした。


映画鑑賞『ドラえもん』
お弁当
妻の実家
自分の母と買い物
義姉夫婦の店で夕飯
妻の実家で入浴
帰宅


と色々な人にお世話になった一日でもあった。また、29日から数えて外での入浴が3回目にもなるので、さすがに今回は妻の実家での入浴とした。それでも温泉なのだから贅沢なものである。


     ◆


さぁ、あと一日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090504 GW中日

今日は5連休の真ん中。といっても、やらねばならぬことはドッサリ。ひとまず家庭の懸案、畑仕事を済ませた。


午前のウチに連休初日に耕しておいた畑に畝をつくり、マルチシートをかぶせた。これで準備万端。勢い余って午前中に苗を買いに出かけた。


午後は妻と相談しながら苗植え。
ミニトマト
なす
ピーマン
大葉(青じそ)
スイカ
メロン
そして、とうもろこしの種まき。


そんなことをしていると近所の方から長ネギの苗をいただく。これ、実は毎年のこと。いつも有難いことである。


そしてそして、いただいたネギ苗を植えていると、苗をくださった方の旦那さんがタラの芽をお裾分けしてくださった。


m(_ _)m 感謝、感謝、感謝。


     ◆


畑を終えたのが16時30分。
それから家の中に入って息子たちの散髪の準備。息子たちはというと、畑仕事の手伝い、という名の土いじりを愉しみ、そのまま外で遊び続けた。おかげで散髪の間はおとなしくしていた。


     ◆


散髪そのまま入浴。そして夕飯。


タラの芽の天ぷらという贅沢な一品がついた「こどもの日」献立。一日早いメニューである。子どもたちもモリモリほおばっていた。



いやぁ、今日もいい一日だった。あとは、ちょっとのお出かけと学校の仕事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09読書029 ブレイブ・ストーリー <下>

『ブレイブ・ストーリー』(宮部みゆき、角川文庫)を読み終えた。なんだかんだで細切れ読みだったけれども、もう最後は「一気」だった。それだけページをめくるのも早くなったし、待ちきれないと想いながらめくってもいた。


万事ハッピーエンドではない結末に複雑な想いを抱いたが、それが「現実」なのだ、と思えた。そして、この本はあくまでも大人向けの作品であると感じた。ある程度、人生の階段を上がってきたからこそ得ている読後の充実感であろう。


とはいえ、子どもたちにも体験させたい作品であることも確か。昨年だったか一昨年だったかアニメ映画化されているから、もうDVDは出ているのだろうか。ぜひとも一緒に見たいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090503 ドライブ

5月3日 憲法記念日
教え子が出場した高校野球春の大会を観戦に飯田市へ。
前夜の飲み会の二日酔いを心配しつつ起床。幸い、気分もよく、食欲もあり、ドライブ日和の中、一路南へ。


子連れの観戦はまぁそこそこに…。Sくん、申し訳ない。


それでもしばらく観戦した後のキャッチボールはおもしろかった。息子たちの頭のなかにも「野球」というもののイメージがあったのだろう。


その後、かざこしこどもの森公園に行ってしばし体を動かして遊ぶ。我が家の子どもたちは本当によく遊ぶと思う。じっとしている時間はおやつの時間ぐらい。おかげで自分もクタクタになった。


最後の締めは清流苑に。
入り慣れた風呂につかって、湯上がりにはうたた寝。おかげで帰路もスッキリドライブ。


疲れたけど実にいい1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090502 連休初日

起床7時30分。
 「お父さ~ん。」と甘ったるい次男の声でいったん目覚めたのが6時30分。おいおいぐっすり寝たから8時ぐらいだと思っていたよ、と安心して至福の二度寝。


朝食


畑の天地返し
 ようやく家庭菜園の準備が始められた


草刈り
 刈り払い機で一時間弱。毎月1回のペースは今年も変わらないだろう


タイヤの履き替え
 これも「ようやく」。


昼食


シャワー・風呂掃除
 思い切って細かなところまで掃除。気分はスッキリ


・・・今に至る。


家庭の用事は結構済ませられた。あとは学校・組合関係の仕事だな。コツコツやっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

090501 4月が終わった…

今日から5月。ようやく4月が終わったという感じ。あぁ、長かった。それだけ忙しくあり、充実もしていたのだろう。


新年度という得体の知れない慌ただしさ
初体験の校務分掌
組合の仕事
親としての仕事


どれも今の自分に必要な肥やしとなっていると思える。


忙しいことを言い訳にして、いろいろなことをおざなりにしているところがあるので、今夜から連休中の見通しを持ち、連休明けにはある程度余裕をもって再スタートをきれるようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »