« 090220 ネットワーク | トップページ | 090222 再会 »

090221 サムライ

学校に「大字典」という分厚い本がある。昨日は「へその緒」の「緒」の意味を知りたくて、初めてその本に触れた。これがおもしろい。分厚いだけに情報が豊富。ただし、どれも旧字体で書かれているので読みづらいのが難点。


     ◆


無事、「緒」を調べ終わったとき、そういえばこの本で子どもたちの名前の字源を調べたらおもしろいかも・・・と、衝動的に意味調べ。


我が家の息子たちには「士」という字がついている。命名するときに名付け事典をじっくり読んで、画数も考えてつけた。ゆえに、長男、次男とも8・3というそれぞれの画数の名前になっている。この「3」が「士」である。


     ◆


「大字典」によると次のようであった。


含意。十と一の合字。四民の上にありて事を取る人をいふ。十と一を合するに諸説あり。

①数は一に始り十に終る。学者は博に由り約に返す。故に十を推して一に合す。之れ博く学び審に問ひ、慎んで思ひ、明に弁じ、篤く行い、惟以て其至るを求むる也。
②数の一と十を合すは数の始終の会して材智を示す。
③一と十を合すは、一を聞いて十を知る才能を有する人の義也と。


     ◆


忘れないようにブログに記しておこうと思っていたので、これでひと安心である。

|

« 090220 ネットワーク | トップページ | 090222 再会 »

子育て・家庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/28251080

この記事へのトラックバック一覧です: 090221 サムライ:

« 090220 ネットワーク | トップページ | 090222 再会 »