« 09読書013 「学び」から逃走する子どもたち | トップページ | 090208 住宅展示場初訪問 »

090207 オシムの言葉

昨年の暮れに見つけてスクラップしておいた新聞記事を見つけた。


「日本人の特性なのかもしれないが、誰かがこうすればいい、と言ってくれるのを待っているように見える。自分自身に責任を持つ、自分で決定を下す能力を身につけるべきだ。 (略)」
(朝日新聞 2008年12月16日付朝刊)


そんな自分も日本人。思い当たる節もある。主張をぶつけ合う、対話する、ということは少ないかもしれない。


     ◆


最近の世界的な不況や教育問題の噴出で、新自由主義的なことに対する警鐘が鳴らされているように感じる。そんな中、「自己責任」を持たせることや、「自己決定」させることに対する批判のようなものがある雰囲気も感じる。しかしながら、それらは全て悪いことではなく、やはり必要なことなのだと思う。


日本人全員が優れたサッカー選手を目指しているわけではないけれども、日頃の生活に問題意識を持ったり、自分で「こうしたい!」と思えるものを持ったりすることで、オシムの言っていることが少しずつ改善されていくのかもしれない。

|

« 09読書013 「学び」から逃走する子どもたち | トップページ | 090208 住宅展示場初訪問 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/27851258

この記事へのトラックバック一覧です: 090207 オシムの言葉:

« 09読書013 「学び」から逃走する子どもたち | トップページ | 090208 住宅展示場初訪問 »