« 090204 投資 | トップページ | 09読書011 熱球 »

090205 あれから1年

現在、朝の4時20分。
目覚めたのは1時30分。
起きたのは2時20分。それから1時間30分ほど本を読み、メールチェックをして今に至る。


     ◆


次男が熱を出した。周りが一斉に風邪やらインフルエンザやらにかかっている状況で、遅ればせながらの参戦である。我が家も流行に取り残されてなかったのね、と笑っていられるわけもなく、看病の日々が待っているのだと思う。


次男は昨年の2月の終わり、熱性けいれんで入院した。そのため、それ以来37度5分以上の発熱があるときには座薬をいれている。今朝も妻と次男のやりとりで目を覚ました。


ずっと2人の問答が続く。
次男「ピッピしてみる。」
妻「熱があったらお薬入れるからね。」
次男「熱なかったら入れない。」
     ・・・
妻「熱高いから入れるよ。」
次男「やっぱヤダ。」
妻「ダメ、入れる。」
次男「もう一回ピッピしてみる。」


そんなこんなで30分間以上ものやりとりがあったが、最後は「強制執行」。やはり母というのは偉大だと思った。


このような状態だといつもは
「お父さんに押さえててもらうね。」
と、出番が回ってくるのだが、今日はそれもなかった。ホッとするような、さみしいような。


     ◆


熱性けいれんでさえ、こんな状況になっているのだから、病気で入院している小さなお子さんのいる家庭では、もっと様々な想いを抱いているのだろうな、と感じる一日の始まりだった。

|

« 090204 投資 | トップページ | 09読書011 熱球 »

子育て・家庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/27789628

この記事へのトラックバック一覧です: 090205 あれから1年:

« 090204 投資 | トップページ | 09読書011 熱球 »