« 脳が活性化した? | トップページ | あはははははは »

くみあい、クミアイ、組合

土曜日、青年部ヤンフェス。
日曜日、組合について考える。
そして明日は独自要求確定交渉にて、終日職免。学校には行かない。


すごい3日間だ。全部組合がらみ。


     ◆


今にして想えば、前任校に赴任して隣のクラスの担任がきっかけ。まだ26だったのに組合の青年部ではなく基本組織のほうに足を突っ込むことになった。組合のことなんか何もわからなかった。


それでも組合に前向きだったのは、その隣の先生が魅力的だったから。常に机の上には本があって、同じようなペースで本が代わり、ジャンルもいろいろだった。
「中学の先生はたくさん本を読むんだ。」
と学んで、それから自分も意識して本を読むようになった。今も職員室では同僚の机上を見るときに、教科書ではなく普通の本に目がいく。


話が逸れた。


隣のクラスの先生には他にも、「行動すること」「叱ること」「温かく見守ること」などたくさんのことを教えていただいた。勝手に真似をさせてもらっただけだが。


うれしかったのは、その先生との付き合いは1年だけだったのだが、異動が小学校だったこと。どうしてか尋ねたときに、
「それはあなたのせいだよ。」
と言われた。
「あなたが小学校から中学に異動してきて、自分より年下なのに、あなたから色々と教えてもらった」
というような内容のことを言っていただいた。ありがたい言葉であり、また、絶えない向上心というか意欲を感じた言葉でもあった。


     ◆


聞くところによると、その先生が金曜日に全県クラスの研究授業を行って、素晴らしい授業だったという評判だ。


自分が組合尽くしの3日間を過ごす前日に、その先生が大仕事をしているというのがなんとも因縁深い。

|

« 脳が活性化した? | トップページ | あはははははは »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/25392130

この記事へのトラックバック一覧です: くみあい、クミアイ、組合:

« 脳が活性化した? | トップページ | あはははははは »