« 完走! | トップページ | 40 カリスマ体育教師の常勝教育 »

「おとうさん。ちょっときて。」

日曜日、実家からの帰り道。
いつものごとく、温泉施設に立ち寄ってきた。


風呂上がり、ちょっと休んでいると長男が
「おとうさん、ちょっときて。」
と手招きしてきた。


聞いてみると、
「はじめて読めた。」
と言うので、行ってみた。


施設の玄関に水槽があり、その水槽に
“たたかないでください”
とシールが貼られていた。それを長男が読んだのである。濁点も読めたことに、こちらも驚いた。
「『て』に『゛』がつくと『で』って読むんだよ。」
丁寧に教えてくれた。


初めて文を読んだ長男。満足していた。


      ◆


帰宅してから、
「みかん」
など、いろいろと読んでいた長男。


今まで、こちらが「これ何て読む?」と聞いても答えなかったことがほとんどだったのに、1つの成功体験をきっかけに少し変化した。

|

« 完走! | トップページ | 40 カリスマ体育教師の常勝教育 »

子育て・家庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/24786153

この記事へのトラックバック一覧です: 「おとうさん。ちょっときて。」:

« 完走! | トップページ | 40 カリスマ体育教師の常勝教育 »