« エビガラスズメ | トップページ | 一人風呂 »

愛犬との別れ

昨夜、子どもたちを寝かしつけているとき(自分が寝かしつけられているとき)に妻のケータイ着信音が響いた。義母からだった。2匹いる犬のうち、親犬が息を引き取ったとの連絡だった。具合が悪く、盆にかえったときも自力で立ち上がれなかったから、弱くなったなぁとは思った。もう17才ぐらいだったから老衰だったのだろう。

「彼」と会ったのは15年前。わけがわからぬ騒々しい犬だった。その割には上品だった。親になってからは落ちついたのか、むやみに吠えることはなくなって、かわいく思えるようになった。自分にとっても愛犬だった。

明日、妻の家に帰ることになっていた。亡骸に会うことはできないだろうが、せめて冥福を祈ってきたい。

長男がつぶやいた言葉が耳に残っている。
「○○○に会いたかったなぁ。」
そうだよなぁ、お前はよくかわいがっていたから。
長男にとっては、初めて経験する身近なほ乳類の死である。

|

« エビガラスズメ | トップページ | 一人風呂 »

子育て・家庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/23504215

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬との別れ:

« エビガラスズメ | トップページ | 一人風呂 »