« 一人風呂 | トップページ | 32 こころ »

電車で帰省

土曜日は朝早くから地区の祭りの準備。6時からという時間はやはりどんどん前倒しになっており、6時の放送が鳴る頃には準備も中ほどだった。

前日に家族が実家へ帰っていたこともあり、子守りをしなくてはいけない用事もあり、かつ、岡谷で組合の県委員会もあり、電車で帰省することになった。折しも諏訪湖の新作花火大会があったせいか、電車は大混雑。塩尻までずっと立って読書をせねばならなかった。

電車に乗って帰省するのは初めて。おかげで読書がはかどった。

電車を待つ間、駅のホームの石にこしかけて『こころ』を読み終え、電車に乗ってからと乗り継ぎの間、そして実家の駅に到着するまでに『ニッポンには対話がない』を読み終えた。

ちなみに、花火大会があったがために、県委員会からの帰路も電車を利用。その間には『佐藤可士和の超整理術』もほとんど読めた。

電車は移動もできて本も読める快適な「図書館」だった。

|

« 一人風呂 | トップページ | 32 こころ »

子育て・家庭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/23568364

この記事へのトラックバック一覧です: 電車で帰省:

« 一人風呂 | トップページ | 32 こころ »