« 「明日の教室」参加 | トップページ | 「明日の教室」振り返り② »

「明日の教室」振り返り①

<第一講>模擬授業 「うとてとこ」

○理屈だけ話しても伝わらない部分があり、実践を通して伝えるのが模擬授業。(ゆえに、別名「立体授業解説」)

○「指示」・・・~しなさい
○「活動」
○「学習活動」・・・目的のある活動、
           緊張と鍛えの連続が最高の授業
○「分析」・・・声の大きさがいい、速さがいい
        漠然とした「いいね。」とは違い、具体的である
○「わからなさの自覚」
○“?”と思わせる。これが出発
○学年別配当漢字や常用漢字と決めてしまったことが大きな失敗。
○「判断させる」・・・岐路に立ったときに考える
○“まだの人?”・・・「まだ」ならば“早くやりなさい”と促す。
            それが鍛えることでもある。

(つづく)

|

« 「明日の教室」参加 | トップページ | 「明日の教室」振り返り② »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/20895689

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日の教室」振り返り①:

« 「明日の教室」参加 | トップページ | 「明日の教室」振り返り② »