« 「とっと おおき なったじゃんか。」 | トップページ | かざこし子どもの森公園 »

“エブリー”

今日は勤務校の始業式および入学式。
昨年度から持ち上げの2年担任だ。

本県では「持ち上げ」が当たり前で、毎年異なる児童生徒を受け持つということはほとんどない。そのため、保護者も教職員も大方の予想を持って新年度を迎える。たまぁにサプライズがあったりして、体育館にどよめきが起こることも・・・。

     ◆

さて、新年度ということで通信の名前と書式を一新した。昨年までは『ぼちぼちいこか』というタイトルでA4縦長用紙を横書きにして使っていた。

今年度のタイトルは『エブリー』とした。

 everybody
  everything
  everyday

それぞれの接頭語に由来している。

“みんなが何にでも挑戦して、みんなで高め合える日々をすごしてほしい”という願いを込めて命名した。根底には『学び合い』の考え方がある。

ちなみに書式としては、A4横長にして、さらには袋とじ(縦)も施している。A4一枚でこのような横長にして出版(?)するのは初めての試みだけに、自分でも戸惑っている。本筋から逸れるけれども、これまでの短い教員生活を振り返ると毎年何らかの変化を自分に義務づけているように思える。チャレンジしている、というとかっこいいかも自分。

     ◆

本題に戻ろう。

子どもたちに『エブリー』のことを話し、さらに今年子どもたちに求めることを話し続けた。こちらは日本語の漢字一文字「大」である。

・大きな声
・大きな文字
・大きな成長
・大好きなことを頑張る
・大嫌いなことも頑張る

という願いがある。担任とは何とも欲張りなものだ。
成就のために、課題を設定し、環境を整え、説き続け、見守っていこう。

|

« 「とっと おおき なったじゃんか。」 | トップページ | かざこし子どもの森公園 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/12274199

この記事へのトラックバック一覧です: “エブリー”:

« 「とっと おおき なったじゃんか。」 | トップページ | かざこし子どもの森公園 »