« 保育園保護者会 | トップページ | 言語力を伸ばす・語彙を増やす »

漢字力

登校日数も今日で残り6日となった。
来週の火曜日が卒業式だ。

そんな年度末にあって、授業はまとめのオンパレード。
副教材を購入して、国語・算数はおさらいを、道徳はまとめの学習発表に向けて準備を、生活は1年間の振り返りの作文を、とそれぞれ行っている。

国語では先日報道された、漢字力について子どもたちに問題を出した。

小学生の漢字力に関する実態調査 2007

「木のは」などが書けないということで新聞でも記事を見かけた。「木のは」の「こ」という読みは1年の教科書では出てこない。習っていないから書けないと思うのは当然だが、そう思っているうちはいつまでたっても書けるようにはならないだろう。

子どもたちには
石ゆストーブ」
左右
「つぎの かどを 右せつ する」
の3題を出した。
読みの問題である。

教室に掲示してある1年生の新出漢字表を見て正答を予想する子もいれば、知っていて答えられる子もいた。

「なぜ知っていたのですか?」と尋ねると
・聞いたことがある。
・家でお父さんがよく使っている言葉だから
との返答だった。

思った通り、習ったか習っていないかという次元ではなく、日常生活において使われている言葉かそうではないか、の違いなのだ。言語環境が大事なのだ。そしてその環境という場を設定していくことこそ、学校では求められるのだと思う。

1年生が相手だと、漢語よりも和語を使って、難しい言葉よりも平易な言葉に言い換えて話をすることが多い。果たしてそれが正しいのかどうか疑問に感じた。多少わかりにくさがあったとしても、わからない言葉に、「どういう意味ですか?」などと質問したり、友だちに聞いたりすることができる子どもを育てることの方が大事ではないか、とも感じた。

|

« 保育園保護者会 | トップページ | 言語力を伸ばす・語彙を増やす »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/11165485

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字力:

« 保育園保護者会 | トップページ | 言語力を伸ばす・語彙を増やす »