« ガングリオン その後 | トップページ | 新しい国語のドリル »

祖父の誕生日

自分にとって2月は「生」と「死」を思い起こされる月だ。

      ◆

昨日2月5日は祖父の誕生日。
と言っても、15年ほど前に亡くなった。

自分はじいちゃん子・ばあちゃん子だったので、相撲が好きだったり、野球が好きだったりするのは、きっと2人が大きく影響を与えていると思う。

そして毎年、祖父が亡くなった日のことを思い出す。

      ◆

12月20日。中学3年の三者面談。
面談を終えて、母と歩いて帰宅する。
祖父母の家は帰宅途中にあり、その日も母から「おじいちゃんに会っていく?」と聞かれた。
自分は「今日はいい。」と返事をしてそのまま帰った。

その日の夕方。祖母から一本の電話。
小雪が舞う中、急いで祖父母の家に向かった。

祖父が少し傾斜をつけた電動ベッドの上で、宙を仰ぐように、そして口を開けて止まっていた。そう、まさに動きが止まっていた、ただそれだけのように見えた。

母が祖父のことを
「お父さん」
と呼ぶのを初めて聞いた。その時は叫んでいたが。

祖母は自分がご飯を食べさせていた時でもあったので、「自分がいけなかったのでは」と、責任を感じているようだった。

そして自分は、生まれて初めて「死」というものを知った。

      ◆

「会いたいと 想うときに 親はなし」だったかな?
後悔先に立たず、でもいいのだけれど、後から悔やんでも悔やんでも、悔やみきれない想いが残る。

あのとき「会っていく?」と聞かれて会っていけば、あの日、じいちゃんは死んでいなかったかもしれないし、そうでなくても看取れたかもしれない。

そんな考えを巡らせて、1週間ぐらいずっと、一人、夜の布団の中ですすり泣いた。

      ◆

来週2月13日は次男の誕生日。
祖父の命日とは対照的な日だった。

|

« ガングリオン その後 | トップページ | 新しい国語のドリル »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/479908/10277141

この記事へのトラックバック一覧です: 祖父の誕生日:

« ガングリオン その後 | トップページ | 新しい国語のドリル »