6月22日 「景品」

来週の児童会計画を委員長さんたちが見せに来てくれた。今年初めて取り組む企画があり、
「景品を用意する」
と書かれていた。

本人たちには彼女たちなりの想いやアイデアがあり、我々大人側にも考えがある。あとは、その折り合いをつけなければならないのだとおもう。

しかし、だ。

たくさんの人に来てほしいから景品を用意するって、ふるさと納税の返礼品みたいだなぁと感じてしまったのだ。

返礼品目当てに多く集まるかもしれないが、それって、本来のふるさと納税のねらいから外れてない?という報道があった。

児童会でも、人を多く集めることが委員会目標を達成することになるのかなぁ?

大人社会の反映と片付けていいのだろうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月21日 「そもそも」

職員会で給食週間についての提案がなされた。その際、一人の先生から、子どもたちの身支度について意見が出された。

なるほど、そこまで気にして指導している先生がいるのか、と学ばせてもらった。そして、自分なりに感じることもあった。

本校も、進学先の町の中学校も、給食着(エプロン)は割烹着タイプのものだ。手首まで隠れるもので、おそらく、衛生面への配慮のためと思われる。…それは、以前勤めた学校の栄養士さんに教わったことがある。

では、それを子どもたちも知っているだろうか…。そもそも、知らないのは子どもだけではないかもしれない。なぜなら、学校によっては、家庭科の授業で作ったカフェエプロンタイプの物を着る6年もいる。

きっと、まだまだ知らない「そもそも」が、いっぱいあるのだろう。素朴な「なんで?」を持ち続けられる大人でありたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月20日

算数の時間、子どもたちにすると、時間が足りなかったようだ。

いつものように、
「じゃあ時間ね。」
と、授業を終えた。あ、そういえば、その言葉の前に、
「明日の授業は、次のページだからね。」
とも伝えたか…。

少人数支援加配で、二回に一度の割合で算数に入ってくださる先生が、終了直後に近くへ来て声をかけてくれた。

「時間延ばさないのね?」
「覚悟がすわってる!」

覚悟なのか?
自分からすると、授業の目標が、そのページの問題を解けて説明まで出来る、であるから、評価はすれども時間延長は不必要と判断したまでた

仮に、そのような場面で、
「時間なくなっちゃったね…。じゃあ次は、この続きから始めよっか?」
と言ってしまったら、子どもたちにどんなメッセージを送ることになるのか?

「この先生は優しいなぁ」
だろうか?おそらく、違う。

「この先生は易しいなぁ」
ではないか。つまり、チョロいかも…という無言で知らせてるようなものなのだ。

優しくはありたいけれど、優しい教師とは思われたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月19日

指導案を作っている。ある公開のためだ。

が、

日頃から「削る」ことばかり考えているので、あれもあった方が、〜も欲しいよね、などと言われると困ってしまう。

…修行・修養だと思って、頑張るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月18日

朝6時に家を出て、陸上競技場へ。町民陸上大会の引率業務の日だった。

今年は2市町の大会を一度に開催することになり、自分の出身地の小中学生も大勢参加していた。

保護者さんにも、見覚えのある顔がチラホラ…
あぁ、実家の近所の人だ…
おっ、あいつは野球部の…
などと思っていたら、あら、同級生も。

「◯◯じゃん!」
とファーストネームで呼んでくる。

合同開催の思わぬ余波を楽しんだ一日だったが、もう一つ、強烈な余波が…

大会が全て終わって解散したのが、夕方4時半だったこと。

今年の父の日は、人さまのお子さんのお世話で終わった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日

どーでもいいコトだけど、右脚太もも裏が、軽く肉離れしてる気が…

ナイターソフトで悪化してしまった。

もうこれからはケアと予防に配慮しなきゃ…と痛感した日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月16日

たった一週間の教育実習生の最終日。
ほぼ全ての授業を、お別れ会の企画・準備に費やす。

企画内容には、子どもたちの我をとおしたい気持ちがてんこ盛り。(笑)まぁ、これからの成長に期待しよう。

ヤンチャくんというほどの子たちではないけれど、彼らが話し合いや会の本番で活躍していた。

欲を言えば、前日の給食準備で一人早く集合していた子のような、自分や全体のために動く存在にこそ気づき、工夫したり話し合いで活躍したりできる人間になってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月15日 想いと行動

給食の準備時間、人一倍早くエプロンを着て集合している子がいた。

配膳中、声をかけて聞いてみた。

「私は食べるのに時間がかかるから、早く配り終わって、少しでも食べる時間を長くしようと思って…」

残念ながら、この日も早く支度が出来たわけではない。でも、この萌芽を無かったものにしてはいけないよな。

まずは彼女の、想いと一人での行動に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月14日 一緒にやる

ここのところ、クラスの子どもたちに提出してもらう物が山のようにある。

臨海学習に関する書類2つ
血液検査の同意書
PTA関連の出欠表
ボランティア募集の書類(任意)
などなど…

どうしても回収しなきゃならないものもあるわけで…。
せっかくなので、未提出の子の机やカバンの中を、その子と一緒に整理した。

「一緒にやろうぜ!」
と誘った(命令した?)わけだけど、これが、担任からじゃなくて、子どもたち同士の関係から出てきて欲しいんだよなぁ…。

そんなことを思いながら、
「あぁ、このプリント持ち帰ってなかったな!」
と、発掘(!)を続けた時間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月13日 説明する

火曜日は漢字練習がある。

かつては、【書けるようになる】といったシンプルな言葉で子どもたちに語っていたが、送り仮名をつける訓読みの定着が今ひとつだった、などの課題が残り、ここ数年は次の言葉にしている。

【漢字練習】
漢字テストで8割以上取れるとともに、意味や筆順、使い方(熟語など)を理解して、学習した字を使いこなせるようになる

子どもたちには、この言葉になったのには、色々な理由があるんだよ…と伝えてはいる。

この日の授業では、構と講の意味の違いについて問いかけ、最近見かける同訓異字や同音意義語を知らせつつ、語りを行った。

構と講のくだりでは、既習の「漢字の成り立ち」の話もすることで、学び直しも促した。

漢字練習は、ひたすら手を動かす時間ではない。
なるほど!
へぇ〜…
などの言葉も聞こえてきてほしいのだ。

少しは担任の思い・願いは伝わっただろうか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«6月12日 断つ!